代表挨拶

 

代表挨拶


 

“世界初の納豆バイオテックスタートアップ企業として、人類の健康問題と地球の環境問題を無くす。”

 

株式会社納豆は、常に変化し続ける世界において、本質的に成長を続ける企業となります。

私たちは自ら生まれてくる環境を選択することはできず、生まれた瞬間にほとんどの運命が決まっています。
努力と根性で乗り越えていけるものと、本人の力だけではどうしようもないものがあります。
しかし、強い志を持ち、たくさんの人達と力を合わせれば、不可能を可能にすることができます。

2014年からたった一人で始めた“世界の食卓に納豆を届ける活動”は、今ではたくさんの人達と一緒に世の中を動かせるまでになりました。
この経験から、みんなで力を合わせれば世界を救えることができるのではないか?と思うようになりました。

21世紀の現代でも、危機的な健康問題と環境問題を抱える国が世界中にたくさんあります。
食糧難、水質汚染、砂漠化、地球温暖化…。
世の中の不可能に「それは本当に不可能なのか?」という疑問を抱くことから、イノベーションが生まれます。
納豆と納豆菌で人類と地球の未来を素敵なものにすることが、今を生きる私たちの使命であると感じています。

納豆を世界に届ける旅は始まったばかり。
この人生を掛けた大冒険を、皆さんと共に歩んでいけたらと思っています。

人類の可能性は絶対に諦めたくない。私たちは世界を変えることができる。